MENU

足のむくみにはサプリがおすすめ!

「夕方になると足がいつもパンパン…ブーツがきつくて入らない!」そんな悩みを抱えている方はとても多いですよね!太って見えるだけでなく、重だるさも感じてしまってとても厄介な足の「むくみ」。

 

今回は、足のむくみの原因と、解消法をご紹介していきたいと思います。足のむくみに効くサプリについてもご紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。

 

「むくみ」のメカニズム

まずは「むくみ」のメカニズムを知ることから始めましょう。

 

さまざまな原因によって、血液循環が悪くなり、血液がうっ滞すると、体内の水分量をうまく調節できなくなくなります。これにより、余分な水分がたまってしまった状態のことを「むくみ」と呼んでいるのです。

 

むくみの確認方法

自分がむくんでいるのかどうか、簡単に確認できる方法がありますので、まずはチェックしてみましょう。

 

まず、足のすねなどを指でぐっと押してみてください。すぐに元通りにならず、しばらく皮膚がへこんだ状態が続く場合、「むくみ」の状態であると判定できます。

 

どうして「むくみ」が起きるのか

どうして「むくみ」は起こってしまうのでしょうか。原因をご紹介していきたいと思います。

 

足の筋肉

心臓から送り出された血液は全身に送られた後、筋肉の力によって送り返されます。しかし、足の筋肉が衰えていたり、立ち仕事やすわり仕事で長時間足の筋肉を使用しないと足の血液を送り返すことができず、うっ滞してしまうことでむくみが発生してしまうのです。

 

塩分

塩分にはナトリウムが含まれています。体内のナトリウムの濃度は一定濃度に保たれるようになっていますが、過剰の塩分によってナトリウム濃度が上昇すると、濃度を下げようとして水分を体にためこみます。これがむくみの原因となってしまうのです。

 

アルコール

アルコールは体内で分解されるときに血液中の水分を消費してしまうので、血液がドロドロ状態に近づきます。血液がドロドロになるのを防ぐため、体は水分をためこんで、血液をサラサラにしようとするのです。これにより、むくみが発生してしますのです。

 

生活習慣

乱れた食生活、睡眠不足、運動不足、ストレスは体にさまざまな悪影響をもたらします。自律神経を乱されることで、血行不良を招いたり、筋肉が緊張状態となってしまいむくみが発生してしまうのです。

 

冷え

冷えは血行不良を招いてしまい、体の余分な水分を排出しにくい状態のため、むくみが発生しやすくなるのです。

 

女性ホルモン

女性ホルモンは、妊娠に備え、体内に水分や栄養素をたくわえようとする働きがあります。これがむくみを発生させてしまうのです。
生理前や妊娠中は女性ホルモンが増えますので、特にむくみやすくなってしまいます。

 

病気の可能性

夕方に限らず、1日中むくんでいる場合や、むくみが何日も改善しない場合には、一過性のむくみではなく、何か深刻な病気が原因でむくんでしまっていることも考えられます。足のむくみに痛みを伴う場合などは、リンパ浮腫や下肢静脈瘤、深部静脈血栓症(エコノミークラス症候群)などの病気の可能性がありますので、一度病院を受診してみると良いでしょう。

 

 

「むくみ」の改善方法 サプリの活用もおすすめ

むくみを改善するにはどうしたらよいのでしょうか。サプリの活用も含め、いくつかご紹介していきたいと思います。

 

生活習慣の見直し

まずは、生活習慣を見直すことからはじめましょう。栄養バランスのとれた食事を適量摂取することを心掛け、睡眠を十分にとるようにしましょう。また、余暇や趣味を楽しむ時間を作るなど、リフレッシュしてストレスをためないようにしましょう。ウォーキングやランニングを日課にするのもおすすめです。そうすることで、自然とむくみにくい体になるはずです。

 

カリウムを積極的に摂取する

さきほどご紹介したとおり、塩分に含まれるナトリウムは体内で常に一定濃度に保たれるようになっています。このナトリウム濃度の調節にカリウムが深く関係しているのです。ですから、カリウムが不足することでもむくみが発生しやすくなるので注意が必要なのです。

 

厚生労働省のカリウムの目標摂取量は年間で男性は2,500 mg, 女性で2,000 mgと定められていますが、実際にはまったく足りていない人がほとんどなのです。塩分をより多く摂取しがちな現代の食生活において、カリウムはより多く摂取する必要があるのです。

 

カリウムは、アスパラガスやほうれん草、ブロッコリーといった緑黄色野菜や、じゃがいもやさつまいもなどのイモ類、バナナやリンゴなどの果物に豊富に含まれています。ただし、カリウムは熱に弱い性質をもつので、生で食べるのがおすすめです。

 

足を高く上げて寝る

足を少し上げた状態で睡眠すると、戻りにくい足の血流が心臓に戻るのを助けてくれるので、これだけで足のむくみ改善が期待できます。簡単なのですぐに取り入れてみましょう。

 

着圧ソックスの利用

着圧ソックスは、足の筋肉が血液を心臓に戻す働きをサポートしてくれます。これにより、血流が改善し、むくみ改善の効果が期待できます。

 

ふくらはぎのストレッチ

足のむくみにはふくらはぎのストレッチが効果的です。片足ずつ、膝を深くまげて30秒、伸ばして30秒の動きを3セット行います。とても簡単で時間もかからないので、ぜひ挑戦してみてください。

 

ふくらはぎのマッサージ

足のむくみにはストレッチだけでなくマッサージも効果的です。足首から膝にかけて下から上にねじりあげるようにさすってください。次は膝から太ももの付け根まで同じ要領でさすってください。これを10セット行ってみましょう。血行がよくなり、むくみ改善につながります。特にお風呂上りに行うと、体があたたまっているのでさらに効果が期待できます。

 

足つぼマッサージ

むくみに効く足つぼを刺激してあげるのも効果的です。いくつかご紹介していきたいと思います。
・大谿(たいけい):アキレス腱とくるぶしの間
肝臓の働きを良くし、むくみや疲れを改善する効果が期待できます。

 

・曲泉(きょくせん):膝の裏の内側
体内の余分な水分や疲労物質を排出する効果が期待できます。

 

足湯

足湯を行うことで、冷えを解消して体中の血行を良くし、体内の余分な水分を汗として排出してくれる効果がありますのでむくみ予防に効果的です。

 

むくみに効くサプリの活用

仕事や家事、育児に追われている中、生活習慣を改善したり、運動やマッサージを取り入れるのはなかなか大変ですよね。そんな方は、まずはむくみに効くサプリを取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

@むくみに効くサプリの成分
・コーンシルクエキス(とうもろこしの髭)

コーンシルクはその名の通り、とうもろこしの髭から取れるエキスです。膀胱や尿道に働きかける利尿作用のほか、体の水分調節にとって重要なカリウムをスイカの50倍も含んでいます。アメリカでは古くからこの作用が知られ、民間療法に取り入れられています。ご紹介したように、カリウムを食べ物から摂取しようとする場合、生食でないと効率良く摂取することができませんが、サプリなら、高濃度のカリウムを手軽に摂取することが可能です。

 

また、コーンシルクエキスにはむくみ改善以外にも、美肌効果やアンチエイジング効果があることも知られているため一石二鳥の効果が得られることが期待でき、おすすめです。

 

・メリロート

メリロートはハーブの一種で、ヨーロッパでは古くから医薬品として用いられています。血行やリンパの流れを改善することでむくみ改善に役立ちます。

 

・ポリフェノール

ポリフェノールは赤ブドウの葉などに豊富に含まれる成分です。抗酸化作用があり、血液をさらさらにして血行を改善する効果があります。それだけでなく、ビタミンや食物繊維も含むため、体内の老廃物の排出する働きを助ける作用があり、むくみ改善に効果が期待できるのです。

 

Aサプリの選択方法

色々な種類のサプリが販売されている中、どのサプリにすればよいか迷ってしまいますよね。

 

サプリは毎日飲み続けることで効果が出ます。ですから、自分が飲みやすい味、形、大きさであることが大切です。また、あまりに高価なサプリでは、継続して購入することが出来なくなる可能性もあります。成分の含有量をよくチェックして、安価でも高品質なサプリを選ぶと良いでしょう。

 

最後に

いかがでしたか。まずはサプリから取り入れて、重ダルイ足から解放されましょう!